<   2006年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2006年 06月 30日
GET A CHANCE!
今日で2006年の6月が終わり。
・・・という事は今年もピッチリ半年が過ぎるんだな。
明日から7月なんだよ。立派に夏じゃん。あ、だからこんなに暑いんだ。

皆さん、コンバンハ!半年過ぎちゃいますよ。
何か本年前半はズルズルに過ごしてるので、後半はサラサラ過ごしたいです。
あ、ついでに血液もサラサラになるといいなっ。

・・・サラサラと言えば、笹の葉。7月は七夕ですよね。
その話は去年書きました。しかも、その時に禁煙を公言しました。
・・・即行吸っちゃいました。ワハハハ。ハハ。ヒヒヒ・・・(`▽´;)
でも、今年の七夕は禁煙続行のワタシが居るでしょう。
だって今日で1ヶ月。A MONTH。100億万年ぶりにクリーンな肺。
でもワタシの友人約1名は気味が悪いから非常袋を購入したそうで。
地震雲かemiryの禁煙か。動物の異常行動かemiryの禁煙か。
・・・・前兆現象かっ

しかし備えあれば・・・だもんね。いい機会だ。

そして明日からタバコの値上げ。
カートンで何個も買いだめした方も居るでしょう?ね。ね。みんな買いだめしちゃおうかな~って言ってたもん。
でも、これを機に本数減らすとか思い切って止めちゃうっ!って方も居るでしょうね。
いい機会かも。

そう、色んな機会があって、見送るか三振しちゃうか打ってみるか・・・・ってのは自分次第ですもんね。
全然意味がわかりませんが、とにかく後半も「がんばりまっしょい」
・・・あ、そのドラマ終わったんだっけ?とっく?

でGET A CHANCEのタイトルにモジッてGET A JOB
c0068701_201471.jpg
唄うはTHE SILHOUETTES

アメリカングラフティーの挿入歌で知ったこの曲は100回は聴いてると思います。
アメグラのサントラではメロウなI ONLY HAVE EYES FOR YOUとTO THE AILESの間に入ってるインパクトのある曲。

で、ついでに思い出したNOW GET A CHANCE(昔やってた伊東四郎さんの司会のクイズ番組。正式な番組名は忘れました・・・・)は高校の同級生たちがオーデション受けに行ったよね♪って盛り上がってたので
「は?いつの間にそんな事してんの?と言ったら
「何言ってんの?忘れたの?」「そうだよ。絶対にemiryも居るはず」「イヤ、出たね」
って一斉に言われた。

でもね、ワタシの記憶にはそんなイベント無いんだな・・・
・・・って思い出した。そう言えばハガキ出してたよね。
・・・ワタクシはハシカでオーデションどころじゃ無かった。ダウンでしょん。辛かった。ハシカの重さが。
機会が無かったんだなっ。
[PR]

by emirysan | 2006-06-30 20:18 | *TALK TO ONESELF | Trackback | Comments(6)
2006年 06月 27日
JAPANESE 50’S BOOK
気付いたらスンゴイ暑い
湿気もステキに含んで家の中に居ても汗が出て来る。
そう言えば久々に寝ようと思ったら「めざにゅ~」始まって天気予報で30℃近くなるって言ってたっけ・・・。

皆さんコンニチハ。
メッチャ暑い西日の当たる部屋からお送りしてます。
犬だって涼しいところ探して寝ててコノ部屋には入って来ません・・・・・。

さて、昨日(あ、今日か)も本の話でしたが今回も本。
昭和の30年代を中心としたJAPANESE CURUTERな本。
c0068701_15125097.jpg
これね、スゴイ内容が厚く見応えがタップリ。
まず、掲載されてる豊富な資料にウキウキしますからね。
デザイン・ファッション・音楽・街並み・・・・と6章から成り、更に69のカテゴリーに分類されてます。
はっ。70では無く、69にしたのも何か意味があるのかもな・・・

で、例えば音楽というカテゴリー内の記事
c0068701_15251667.jpg

この時代の日本はアメリカを追ってましたから音楽もカバー流行だったりですよね。
見難いかもしれないけど、写真右上の水色の3人娘のジャケット、ロネッツのBE MY BABYなんですが「たしのベビー」ですから。
江戸っ子だねっ、みたいな。
駄菓子屋の話や東京タワーの話などホントに満載なので、昭和の30年代を過ごした方は懐かしいでしょうし、30年代を知らない世代にも何となく懐かしかったり。
まったく昭和を知らない若い世代には余計に新鮮でしょうね。20代前半って昭和の頃にはヨチヨチでしょ?

¥1200(税別)で宝島社から出てます。

ちなみにワタシが「ォオオっ」と思った1つをご紹介。
スクーターは現在の富士重工が戦後に廃材で作ったのが始まりだとか。
125CCで13万円。今の価値で無くて当時の価格。
そして50ccの今で言う原チャリはモペットって呼ばれてたんだとか!
パペットモペット!・・・あ、あれはマペット。
ね、チョッと気になる本でしょ?
[PR]

by emirysan | 2006-06-27 15:33 | *BOOKS | Trackback | Comments(10)
2006年 06月 27日
ROUTE 66
日付がまた変わってしまいました。
皆さんコンバンハ!
久々に天然Rにユックリ会って「本屋に行きたい」と言うので同行。
彼女が本を探してる間に、ソコの本屋のお気に入りなコーナーで50’Sや60’Sの洋書を探してたら・・・・居たんですねぇ。再会です、この本。
c0068701_034658.jpg
前に見た時は買わずに帰ったんですが、今日はマザー・ロードが語りかけて来ました。
「ワタシを連れてって」ってね。

そのROUTE 66。1926年に開通したアメリカ大陸をシカゴからサンタモニカまで8つの州を3940kmに渡り走る道路。
’84年にハイウェイの整備と共に公式な地図からは姿を消したそうですが今も尚、愛され続けてます。
c0068701_161931.jpg
THE TROPIC OF ROUTE 66より

この本、竹内章夫さんという方がROUTE 66の景色や関わる人々に沿道のSHOPやモーテル、車に単車などを撮った写真集になってますが、スバラシイっ。
アメリカの広大さや田舎町のカッコイイ飾らない素朴さやROUTE 66に沿って変わる景色が何とも言えないです。
特に果てしない道の写真や地平線がステキっ。

c0068701_0154043.jpgそのROUTE 66。JAZZやPOPSで唄われたりTVドラマになったりで、雑貨のグッズでも色んな商品が出てますよね。
例えば・・・・
灰皿、マグカップ、ステッカー、ティンプレート、マット・・・・・って挙げたらキリが無いくらい。

なんかね、この写真集見てると
「いつかココを走りたいなぁ・・・単車で」って思っちゃう。

。単車の免許持ってない。
[PR]

by emirysan | 2006-06-27 00:23 | *BOOKS | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 25日
TEARDROPS★
先日書いた通り、買って来たラ★バンバをジックリ観た。
貧しい生活と家族思いのリッチーの姿を短い時間の中に描かれ、彼の代表曲の誕生までのストーリーも織り込まれて又見入ってしまった。
筋書きも知ってるのに号泣。号泣。
お蔭で2日経った今日もワタシの目がバラバラ・バンバ・・・・

ハっ・・・皆さん、コンバンハ。真夜中になってしまいました・・・。
やっとユックリと腰を落ち着けてパソコンの前に座り更新して送信しようとしたら変なトコ押しちゃったんですね。で、消えちゃった。

さて、もうね、日曜になってしまったんですけど、ワタシはホントに号泣すると3日くらい目が変。
今回もスバラシかったですから。
で、泣く⇒涙・・・・の関連する曲を前にも取り上げました。
ワタシの大好きなTEARS ON MY PILLOWと、夜に聴くと何か沁みそうなTEAR DROPS
で、今日はコレ。
c0068701_295651.jpg
JACKIEY WILLON のLONLEY TEADROPS
力強い声とアップテンポな曲調が全然LONELYって感じがしません。
歌唱力とダンスセンスは群を抜いてたらしいけどボクサーでもあったんですね。

まぁ・・・ワタシは同じ記事をこうして夜中回打ち込んでる訳ですけども、ホントにさっきは泣きたい位でしたから。
でしたから~っ
それでは皆さん、オヤスミなさい。楽しい休日を!
[PR]

by emirysan | 2006-06-25 02:20 | * 50’S | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 22日
THEY DON’T KNOW
数日前、サラダを作るので切らした酢を買いに行った。
(こう見えてもワタシはドレッシングを自分で作る。意外。・・・ホッホッホ・・・
フォ~ッフォッフォっ!・・・・(`▽´)**)

そう、酢売り場をジックリ見てみると色んな「酢」があった。
で、黒酢はお高いのでフと目に入ったリンゴ酢、買ったス。
早速、水で割って砂糖も加えて飲んでみたス。
もうね、喉がヒ~~~~~ッって。ヒ~~ッってしたんス!!

・・・・よく見ると酢のビンに「お酢で作るサワー」なんて書いてあった。読むとチャンと氷砂糖やら容器やら用意してサワードリンクを作るみたいだ。
しかも、ワタシは欲張って酢をコップの半分チョイ入れた。焼酎でもそんなに入れない。

だけどね、何となく翌日の朝、軽やかに目覚められた。

・・・・・ハッ。皆さん、コンバンハ!元気はつらつぅ!でしたか?
別に今日は酢の話では無いんです。
HMVへ行って、ちゃんと頭に入れてたラ★バンバ探したらあったんです。
実は過去に3度思い出して、3度とも無かったので今日こそは家に一緒に帰って来た。
c0068701_2014771.jpg
そして、師匠、ワタシも買っちゃった♪・・・。
いつもCD SHOPで見かけるけど家に連れて来なかったトレイシー。
c0068701_20312.jpg
TRACEY ULLMAN
’80年代半ばにTHEY DON’T KNOW(夢見るトレイシー)がヒット。
今日買ったのはベスト盤で他にBREAKAWAYなども入ってるし、BOBBY’S GIRL・OH WHAT A NIGHTなどのカバーも有り!

そうそう。彼女はコメディアン・女優という顔も持ってるんですね。
最近ではアリーMYラブとかにも出てたらしぃ・・・セラピスト役だそうです。

ホントはラ★バンバのDVDとリッチー・バレンスのCDっていう頭だったんだけどCDは置いてなかった。
代わりにトレイシーがPOPS&ROCKのの最前列でワタシに手招きをしてた、という訳です。
これからジックリと聴いてみます。で、久々にジックリとラ★バンバ観ます~~。
(ランバダじゃ無いからね。)

PS/ワタシ昔トレイシーのコレ持ってた・・・メッチャ懐かしいです・・・・。
[PR]

by emirysan | 2006-06-22 20:18 | * 80’S  | Trackback | Comments(2)
2006年 06月 20日
OLD OR NEW?
・・・・今日はカラスがうるさい。
今朝は地震で起きた。フイを付かれたのでチョッとドキドキした。
ドキドキしたのなんて何時ブリなんだろう・・・。
そうだ。前回地震があった時ブリかな。

・・・・・・って、そんなドキドキはしたくありませんっ。皆さんコンニチハ!
ワーワーカーカーうるさいカラス。
それよりも、今日も暑いですね。熱中症とか気をつけて下さいね。ホントに。

そう、もう午後の4時を回ってます。
さっき1時前だったのになぁ。夕刻ですよ。夕刻。

あ。先々週にPOSEIDONを観に行った話をココに書きました。
映像も凄かったし迫力&緊迫でとても面白かった。
でね。原版のポセイドンアドベンチャーも観たいってコトも書きました。
そして、DVD買いました。
タワーエイングインフェルノが出来る前に作られたパニック映画の走り・・・・と言われるこの映画。
’72年製作で勿論CGの技術なんてありません。当時ったら特殊効果撮影ですよね。
当時としてはかなり素晴らしい映像でしょうし、観た人も「スゴイ・・・」って思って観てた事でしょう。
c0068701_16222259.jpg
公開中のポセイドンを観てからポセイドンアドベンチャーを観ましたが、きっと逆だったらもっと良かったかもしれません。
なので、興味のある方は先にDVD借りて昔のを観てから映画館で現代のを見ると、登場人物とか描かれ方に映像や時代背景なども楽しめるかも!!

既にDVDで発売されてる中で観たい映画が何本もあるはずなんですよね・・・・
ホントすぐに忘れちゃう。
CD SHOP行ってもTUTAYAに行っても思い出さないで帰っちゃって、何の気なしに家でテレビのDVD紹介なんか見てると「ぉおおおっ!これだっ。」ってね。
それを繰り返してます。えぇ。・・・・・
だってラ・バンバ欲しいんだけど、この間タワレコ行ったクセにもう忘れてんだもんっ。
(PS/ランバダじゃ無いからね)
[PR]

by emirysan | 2006-06-20 16:38 | *MOVIE | Trackback | Comments(8)
2006年 06月 19日
*SHORTIE (VIDEO)*
今日は暑かったっ!
外に居ると湿度の高さのベトベトに太陽のチリチリでヘナヘナのヘロヘロだった・・・。
夕方日が暮れてから同級生のY-KOと近くのデッカ公園を歩いたけど、汗ダラダラだった・・・。
でも汗かいてスッキリ。・・・・体もスッキリすればいいのになっ。

・・・・・お。皆さん、コンバンハっ!皆さんも汗かきましたか?
今日はビールがウマい!・・・でしょうねっ!

そう・・・ワタシはよく疲れるとGREASE(映画)観るってココでも書きますが、ワタシはグリースのDVD化を待てずにビデオを買っちゃったんですよね。
c0068701_21212038.jpg
で、BEACH BOYSのコレもそう。ビデオ買っちゃった。
c0068701_21214827.jpg
これは全米の映画館に配給されたビーチボーイズの’64年のライヴ・フィルムなんですが、公開後に紛失?して’98年に再び発見されTVで放送されたんだとか。
収録曲は以下の通りですが、2~30の短いフィルムです。

FUN,FUN,FUN
LONG TALL TEXAN
LITTLE DEUCE COUPE
SURFER GIRL
SHUT DOWN
IN MY ROOM
PAPA-OOM-MOW-MOW
HAWAII

日本語版はオマケに当時の映画の予告編も入ってます。ワーナーから出てますよん。
[PR]

by emirysan | 2006-06-19 21:44 | * 60’S | Trackback | Comments(2)
2006年 06月 18日
STOP!
まいったからね。まいった。
だってね、家を出る時に雨が降ってないし空を見上げたらチョッと明るいしでチャリで店に向かったの。
で、昔は断崖絶壁だったという説明の立て札がある心臓破りの坂を、今日は途中で押さないでチャリをこいでテッペンまで上ったんだ!!
初めてなんだ。初めて。しかも二日酔い気味なのに。ワ~イ!すんばらしい!・・・・・・
しかし・・・・・テッペンまで上ったらポツポツ雨が降って来た。・・と思ったらザーザーに。
止んでちょうだいよ~~~っ・・・と思いながらチャリを走らせ店に着いた時にはビッショビショっすよ。床もビッチャビチャ・・・

はっ・・・ぉおっ。皆さんコンニチハ!
雨の日曜です。皆さんは何をしてお過ごしでしょうか?
ワタクシ、夕べは久々に飲み過ぎました・・・・。

昨夜は高校の同級生たちと飲んでたので今日はemiry17~18才の頃にDISCOでかかってた1曲でも・・・。久々80’S。
c0068701_1432237.jpg
トランスXのLIVING ON VIDEO
もうね、当時、これ東亜会館専門で行ってた方はイントロ聴くと笛を吹くマネとかしちゃう人も居るんじゃないかと・・・。
何故か結構、東亜会館内はボキャブラなジェスチャーを取り入れてましたからね。
同じ新宿でも確かニューヨークニューヨークやゼノンでは無かった・・・・。渋谷でも見なかったかも。(渋谷に通ってた人、どうでした?)
で、曲の半ばではピンクレディーのUFOのフリの様な手ブリもしたりね。
(*人差し指立てて頭上でクルクル回す、みたいな動作)
サーチンやらハイエナジー・ナンバーが流行った頃の1曲。
今聴くとホントにエネルギーがフルになります。(DOO-WOPには負けるけど・・・。)

お。ビッチャビチャもチョッと乾いてきた。乾き過ぎてお肌の水分まで蒸発しないでね・・・・っ。
[PR]

by emirysan | 2006-06-18 14:20 | * 80’S  | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 17日
SAM COOKE
ファッツドミノで思い出した。ニューオリンズ繋がりでルイ・アームストロング。
だけどワタシはJAZZは知らない。けどWHAT A WONDERFUL WORLDは知ってる。c0068701_16515137.jpg
ロビン・ウィリアムス主演の映画、GOODMORNING BIETNAMでも流れてた。

ベトナム戦争の戦地で兵士達の為に流すラヂオのDJの型破りなトークが兵士達にウケて、交流をしていく中でDJとして自分には何が求められてるのかに気付く・・・みたいな内容だったと思う。
そして戦争とは真逆な「空の青さに雲の白 明るい幸せな日々 神聖な夜 僕は何て素晴らしい世界だろうって想う」ってな歌詞のサッチモの曲が流れるんだ・・・

・・・・ハッ。皆さんコンニチハ!!週末、楽しんでますか?
そう、サッチモのホワット・ア・ワンダフルワールドは超有名ですが、WONDERFUL WORLDも有名。
こちらはSAM COOCKEの曲です。今日は80’Sにしようと思ったんだけどやっぱサム・クック。

c0068701_1793047.jpg
サム・クックの曲で有名なのってワンダフル・ワールドの他にノリのイイTWISTI’N THE NIGHT AWAY(ツイストで踊り明かそう)とかYOU SEND MEとか・・・あとONLY SIXTEENですかね。
ゴスペルからR&Bに移った彼。最初のヒットはYOU SEND MEで’57年の事だとか。
SAM COOKE
LIFEの増刊号でROCK’N ROLL特集の最後の方に彼の笑顔の写真が載ってます。
スゴくイイ笑った顔なんだけど寂しそうにも見える写真なんですよね。
彼も33歳で夜に輝く星になってしまったんですけど、ソウルの神様として未だにファンも沢山居る様です。

さて・・・
蒸し蒸し暑くてエアコン除湿付けてたのでワタシはチョッと
寒クック。・・・・・・・
やっちゃった!もう、今晩飲みに行っちゃうからっ。
[PR]

by emirysan | 2006-06-17 17:50 | * 50’S | Trackback | Comments(6)
2006年 06月 16日
FATS★
皆さんコンバンハ!!今日もアっと言う間に日が暮れました。
サラっと更新させていただきますが、この人を皆さん御存知です?
c0068701_19173926.jpg
見た事があるけど名前が出て来ない?見た事が無いけど名前は知ってる・・・?
そう。彼の名前はFATS DOMINO
彼の曲はBLUEBERRY HILLやAIN’T THAT A SHAME(アメリカングラフティーでも挿入曲として流れてます)などがピン!と来る代表曲かなぁ・・・?

ハリケーン・カトリーナのニューオリンズでの被害の時に彼が一時行方不明になった・・・という話があった時はビックリしましたが、スグに無事だったという事をTBしていただいた記事から教えていただきまして良かった良かった・・・と。

そんな彼の曲は、ニューオリンズ・カラーのJAZZやブルースなイメージが濃いけどロックンロールの創始者の1人として愛されてますね。
彼のアルバムを見ると、リトル・リチャードやジェリー・リー・ルイスなどと共作してる作品もあったりして。
彼のユッタリした癒し系な歌声はホントに独特ですよね。
FATS DOMINO

そうそう、THERE GOES MY HEART AGAINという曲はアップテンポのロックンロ~ルって感じの曲です。
機会があったら聴いてみてね。(昨日紹介のBOX CDに入ってたんだ)
[PR]

by emirysan | 2006-06-16 19:46 | * 50’S | Trackback | Comments(4)