2006年 06月 27日
JAPANESE 50’S BOOK
気付いたらスンゴイ暑い
湿気もステキに含んで家の中に居ても汗が出て来る。
そう言えば久々に寝ようと思ったら「めざにゅ~」始まって天気予報で30℃近くなるって言ってたっけ・・・。

皆さんコンニチハ。
メッチャ暑い西日の当たる部屋からお送りしてます。
犬だって涼しいところ探して寝ててコノ部屋には入って来ません・・・・・。

さて、昨日(あ、今日か)も本の話でしたが今回も本。
昭和の30年代を中心としたJAPANESE CURUTERな本。
c0068701_15125097.jpg
これね、スゴイ内容が厚く見応えがタップリ。
まず、掲載されてる豊富な資料にウキウキしますからね。
デザイン・ファッション・音楽・街並み・・・・と6章から成り、更に69のカテゴリーに分類されてます。
はっ。70では無く、69にしたのも何か意味があるのかもな・・・

で、例えば音楽というカテゴリー内の記事
c0068701_15251667.jpg

この時代の日本はアメリカを追ってましたから音楽もカバー流行だったりですよね。
見難いかもしれないけど、写真右上の水色の3人娘のジャケット、ロネッツのBE MY BABYなんですが「たしのベビー」ですから。
江戸っ子だねっ、みたいな。
駄菓子屋の話や東京タワーの話などホントに満載なので、昭和の30年代を過ごした方は懐かしいでしょうし、30年代を知らない世代にも何となく懐かしかったり。
まったく昭和を知らない若い世代には余計に新鮮でしょうね。20代前半って昭和の頃にはヨチヨチでしょ?

¥1200(税別)で宝島社から出てます。

ちなみにワタシが「ォオオっ」と思った1つをご紹介。
スクーターは現在の富士重工が戦後に廃材で作ったのが始まりだとか。
125CCで13万円。今の価値で無くて当時の価格。
そして50ccの今で言う原チャリはモペットって呼ばれてたんだとか!
パペットモペット!・・・あ、あれはマペット。
ね、チョッと気になる本でしょ?
[PR]

by emirysan | 2006-06-27 15:33 | *BOOKS | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://shoobie.exblog.jp/tb/4070714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otobokekachou at 2006-06-27 17:44
こんにちわ!凄く面白そうな本ですね~。興味津々です!125ccで13万円。。。とんでもない高級車だったんですね~。スクーターって。
Commented by sayako-c at 2006-06-27 23:27
本当に面白そうな本ですよね:)
私のところで今年の1月にUPしたロネッツの"Be My Baby"は「あたしのベビー」なんですね。邦題あったんですね・・・。^^;
Commented by graff at 2006-06-28 00:39 x
こんばんは  うぉ~!観たい・・・
この本まだ書店にあるでしょうか。
表紙のロカビリーにも惹かれますが、「街並み」がスゴそーですね。
もう自分勝手に想像してます。カテゴリー作りました(笑)
まずデパートそして駅、映画館は何の封切?
あっ銭湯も(冷たいコーヒー牛乳が・・)
Commented by emirysan at 2006-06-28 10:02
otobokeさん◆おはようございます!
ハイ、結構面白くてウレシイかったです♪
昭和の30年代って50’S、60’Sとまたいでますが、
ホント~~に広告からインテリアから何から何まで
アメリカを追ってたんですねぇ。
コノ頃から車大国日本の土台が築かれて来たんでしょうけど
そんな話も載ってたりします。
otobokeさんも好きそうかもしれないよ。
あ。ワタシもスクーターの金額にはビックリしました。
今のエイプとかに近い額??
とにかく高いねぇ。

Commented by emirysan at 2006-06-28 10:10
sayaさん◆おはようございます!
そう、「あたし」の「ベビー」みたいですねぇ。
でもベイベーじゃなくてチョッと安心した。。。。
あたしのベイベー、じゃコッテコテの昭和歌謡みたいな。
昭和のブームは山場は終わった感があるけど
きっと世の中も変わってしまって、
こんな形でのイイ時代は来ない事も
わかってるので多分、戦後のこの時代が「懐かしい」と思う
感はずっと続くだろうね。
だから知らない時代でも惹かれるのかもしれないよね。
Commented by emirysan at 2006-06-28 10:24
EDDIEさん◆おはようございます!
きっと書店にあると思いますがワタシは紀伊国屋書店で購入しました。
宝島社発刊だし大型店舗ならありそうですよね。
是非是非、つかまえて下さい!!
写真1頁、文章1頁で2頁に渡って1コのカテゴリーを扱ってる感じです。
EDDIEさんのカテゴリーも凄く気になりますね *(゜▽゜)

ワタシも買って来たばかりなので熟読してませんが
メディアや音楽系が沢山載ってたのと
駄菓子やお菓子がイロイロ紹介されてましたね。
アメリカドラマなんてのもありました!
ひゃ~~、お時間ある時に本屋さんの前通って
「あっ」って思い出したら探してみて下さいね。


Commented by sweet_cherry_1102 at 2006-06-28 21:41
昭和30年代は後半微妙に記憶があるだけに・・複雑な心境^^;
ビーマイベイビーは「あたしのべビー」??なんか意味違うような気もするけど・・
まぁ直訳したらどんなタイトルだろ?w
Commented by ジョー at 2006-06-29 00:47 x
日本の古き良き時代!!いいですなぁ~。
速買します。
Commented by emirysan at 2006-06-29 09:22
cherryさん◆おはようございます!
cherryさん、スゴクいい時代の記憶があるなんて羨ましいですよん☆
なんて、ワタシの幼少期もチビまるこな時代なので変わらないんでしょうけど・・・へへへ!(^^ゞ
でもやはり30年代は色んな事が動いて発展した明るい夢のある時だったのでしょうね。。。。そんな感じがします。
そうそう、BE MY BABYは「ワタシのモノになって」と勝手に訳してました。あたしのベビーは微妙ですが、日本らしいのかもしれませんね。
しかもタイトル付けた人は江戸っ子だったんでしょうね・・・・




Commented by emirysan at 2006-06-29 09:30
ジョーさん◆おはようございます!
ぉおっ!コメントありがとうございます(゜▽゜)
本屋行って見つけたらチョッとパラパラってめくって見てみて下さい。
音楽でもインテリアでもこの時代を好きな方は多分、面白そう!って
興味を持つと思います。
ワタシはずっとアメリカンばっかに目が行って、
古き良き時代のアメリカを追いかけてた側の日本の’50年代や’60年代は最近気になる様になったんですけど
アメリカに負けないくらい日本には日本の
古き良き時代があったんだな、って思う様に・・・・。

きっと時間の流れ方でさえも現在とは違ってたんでしょうね。
ワタシの小さい頃もそうだったんだろうなぁ。


<< GET A CHANCE!      ROUTE 66 >>