2006年 06月 27日
ROUTE 66
日付がまた変わってしまいました。
皆さんコンバンハ!
久々に天然Rにユックリ会って「本屋に行きたい」と言うので同行。
彼女が本を探してる間に、ソコの本屋のお気に入りなコーナーで50’Sや60’Sの洋書を探してたら・・・・居たんですねぇ。再会です、この本。
c0068701_034658.jpg
前に見た時は買わずに帰ったんですが、今日はマザー・ロードが語りかけて来ました。
「ワタシを連れてって」ってね。

そのROUTE 66。1926年に開通したアメリカ大陸をシカゴからサンタモニカまで8つの州を3940kmに渡り走る道路。
’84年にハイウェイの整備と共に公式な地図からは姿を消したそうですが今も尚、愛され続けてます。
c0068701_161931.jpg
THE TROPIC OF ROUTE 66より

この本、竹内章夫さんという方がROUTE 66の景色や関わる人々に沿道のSHOPやモーテル、車に単車などを撮った写真集になってますが、スバラシイっ。
アメリカの広大さや田舎町のカッコイイ飾らない素朴さやROUTE 66に沿って変わる景色が何とも言えないです。
特に果てしない道の写真や地平線がステキっ。

c0068701_0154043.jpgそのROUTE 66。JAZZやPOPSで唄われたりTVドラマになったりで、雑貨のグッズでも色んな商品が出てますよね。
例えば・・・・
灰皿、マグカップ、ステッカー、ティンプレート、マット・・・・・って挙げたらキリが無いくらい。

なんかね、この写真集見てると
「いつかココを走りたいなぁ・・・単車で」って思っちゃう。

。単車の免許持ってない。
[PR]

by emirysan | 2006-06-27 00:23 | *BOOKS | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://shoobie.exblog.jp/tb/4069100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Hisashi at 2006-06-27 01:24 x
こんばんわ!ルート66はもう完全には繋がってないですが、まだ全然、残ってますよ!ルート66沿いには小さい、村があったり古びたガソリンスタンド、モーテルなどなど。僕もハーレーでアメリカ横断してみたい!
でも留学中にアメリカ人なら誰でも知ってる道だと思ったら、意外とアメリカ人でも知らない人が居てビックリしました。。。
Commented by emirysan at 2006-06-27 10:07
Hisashiさん◆おはようございます!
ぇええっ!アメリカ人でROUTE66知らないのっ??何故??
歌にまでなってるのにね。
そう、ルート66がなくなった・・・・って話を聞いたコトがあって
「え。じゃ完全に無くなったんだ」って思ってたら地図に載ってないだけなんですね。
でも、繋がってないんですか・・・。途中で別の道と合流したりしてるのかな??
ハーレーで大陸横断なんてカッコイイですよねぇ~気持ちも良さそう。
それこそBORN TO BE WILDでも口ずさんじゃったりね。
ワタシもいつかベルエアか何かで走りたいけど途中でタイヘンな事になりそう・・・・。
Commented by sayako-c at 2006-06-27 23:29
私のところでも去年の11月にナット・キング・コールの「ルート66」UPしているんですけど、地図にのってないんですか?
私も免許持ってないので、車でルート66を横断するのを疑似体験ですね・・・。^^;
Commented by emirysan at 2006-06-28 10:28
sayaさん◆そうなの。上↑にも書いたけど何かね、新たに高速道路を
作ってソッチが主要道路になったので
正式な地図からは消えた道路(ROUTE66)らしいんだ。
最近チョッと単車の免許が欲しいんだけど、もし取ったら
一度は端から端まで・・・とは言わないけど走ってみたいな。
単車じゃ無くても車ででも、ね。


<< JAPANESE 50’S BOOK      TEARDROPS★ >>