2012年 06月 24日
え。
夕べは高校の同級生達と立川で集まった。
て、隔月くらいで集まるから久し振りでも無いんだけど、毎度懐かしい話も飛び出したり。
え。そんなコトあったっけ?とか、え。そういう風に思われてたんだ!とか、そ~んな話にもなる。

とにかく友人には恵まれてると勿論、中学も含めて10代からずっと変わらず思うんだ。
その10代、何が目に入ってて何を考え、何に興味を持ってたんだろ・・・って。

毎度書いてるけど、中学の頃はシャネルズ知って初めて誰かのファンになり、同時にDOOWOPを知って、大好きになり
ホコテン行って自分もアッチで踊りたいと強く思い・・・
て、お年頃だったからか自分にしては夢中になるコトが次々にあったナ。
でも、高校にもなると、もっとライトな感じで興味持つものに行ってたっけ。

家には結構、額で色んなモノ飾ってるんだけど、中には定番、ノーマンロックウェル氏の絵も幾つかあったりする。
そしてこの絵を見ると何だかとてもTEEN AGEの感じが伝わったりして。
c0068701_15481050.jpg

ワタシもシャネルズのポスター見てはウットリしてたのかなぁ。

そして当時ウットリしてたこの曲。


その後、自分がこの曲の年齢になって、この歌詞みたいな人に出会ったり・・・したかしないかはヒ・ミ・ツ。あ、興味ナイ。

・・・ハ(゜。゜)!皆さんコンニチハ。
こちらは一雨来そうで来ない空ですが、ちょっと蒸す日曜日。
気付けば夕方ですが、マッタリ疲れを取ってくださいませ♪
(お仕事の皆さんはお疲れ様です!)

追記・ノーマンロックウェル、コノ絵もお気に入りス。デートの前。
c0068701_159490.jpg

シカシ1番のお気に入りは「少女の一日」カナ。
[PR]

by emirysan | 2012-06-24 16:25 | *MY FABORITES | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://shoobie.exblog.jp/tb/18142674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by genie at 2012-06-24 20:31 x
emiryさん、こんばんは!

自分も中学の頃、シャネルズに
出会い強い衝撃を受け、その後

DOO WOPと云う音楽を知り
今迄きました。。。

シャネルズがもし、登場しなかったら今の音楽観もまた全然、違うものになってと思います♪

そう言えば高校の頃、50年代の
「LIFE」を買ってきて
お気に入りのアメ車の
写真を切り抜いて額に入れて
眺めていました!
Commented by emirysan at 2012-06-25 12:21
◆ginieさん◆
こんにちは!

そう!書かれてるコト、全く同感で
ワタシもシャネルズを知らなければDOOWOPというモノにも
出会えていなかったと。
それか80'Sの洋楽経て、ハマーやらを聞いて
遡って辿り着いてたのかなぁ・・・なんて。

人も音楽も物も出逢いやきっかけ、それに経過などで
自分にとって大きな意味持つ大事なモノになりますもんね。

・・・あ。きっとgenieさん、同い年か先輩か、デスカモ(^O^)♪

高校で50'S LIFEを切り抜いて額に・・・オシャレだなぁ。
あの頃、クリソやペパーミントなど以外に
街中に普通にアドバタイズなブリキ製の色んな形の壁掛けや
ランチBOX、フラミンゴ置物に文具・・・って
50'S風な雑貨が沢山ありましたよね、
ああいうの飾ってました。部屋に。

アメ車もいいですよね。憧れキャデに愛しのシェビーですワ。
(チビキャデ、プチシェビー眺めてます)
Commented by Graffitie EDDIE at 2012-06-27 19:06 x
emiryさん  こんばんわ  
梅雨も“中休み”でしょうか? 意外に蒸していません。

そう、書かれたように自分も“シャネルズ”には特別な思いがあります。
その一つが“ライブ”です。 
その場所で初めて会った縁で今も続く仲間がいたり・・。
3rd.までのアルバムは、
アメリカン・グラフィティで聴く事ができたDoo-Wopを
深く知るきっかけとなりました・・。

ノーマン・ロックウェルの描いた世界は、
昔も今もアメリカのことを考えるときに自然と浮かぶ
“教科書”です。

床屋でコーラスをしている風景♩ “おかえりなさい”帰還兵がたたずむ故郷の街角
レジャーの前後のファミリーのドライブの様子 などなど
どの絵からも“声や“音”が聴こえてきます〜
Commented by emirysan at 2012-06-28 10:54
◆EDDIEさん◆
おはようございます!

こちらもココ2~3日はカラっとしてます。
でも週明けて中以降から梅雨本番っぽいですね。

そう、EDDIEさん達の出会いのライヴ会場。
同じ音楽や時代に惹かれて集まって来た中から
ずっと付き合いが続く仲間たちに出会うとは
行く前には思って居なかったコトかもしれませんけど
そうやって不思議だけど必然な出会いもありますよね。
キーはシャネルズにDOOWOPだった、という・・・。

ノーマンロックウェルの絵、ホント、書かれた様に
音も登場人物の声も聴こえてきそう。
少女の一日は毎日目に入る場所にあるのですが
セリフ勝手に作れそうですもんに( ̄^ ̄)♪
RUNAWAYってチビが家出して警官に連れられてダイナーの
スツールに座ってる絵も後輩に貰ったんだけど
それも「ドラマ」がありますもんね。

ハ・・・そうか、ドラマも見えるのか!


<< SHORTIE**      ぐりーん >>