2011年 12月 15日
どれにしよ・・・(MOONGLOWS)
12月、半分過ぎたんだなぁ・・・と、日付見ながら思う暖かい木曜。
今日はマッタリと小窓のカフェカーテンを洗って干そうとしたら破っちゃった~ぃ。
何で破れるのぅ~~って、引っ張りすぎたからです。ビリカーテンになった。

そんな事してた後は久し振りにこれまたマッタリとDOO-WOPでも・・・
て、好きな王道グループ集合させて、どれにしようか5秒迷った。
c0068701_16461568.jpg

なので目ぇつぶってシャッフルしてパっと取ったら・・・MOONGLOWS。
そうか、月の灯り、それにCHESSの映画の話も書いたからな・・・て、偶然です。
c0068701_172551100.jpg

何時も感性でのみ聴いてるけど、たまにはせっかく手元に師匠から貰った資料があるのでチョビっとMOONGLOWSの事も・・・

ジャズトリオからスタートした後にRAVENS,ORIOLESの影響を受けクラブで活動を始めた彼らは
当時ローカルラヂオ局のDJだったアランフリードの友人に気に入られ、Aフリードに紹介をしたそうな。
そして「MOONDOG SHOW」のパーソナリティーだったAフリードは、最初のシングル「I JUST CAN'T TELL NO COLE」をレコーディング、
それに伴い彼らのグループ名をMOONDOGに因んでTHE MOONGLOWSと改名したらしい。
そのご、グループ自ら動いたCHESSとの交渉が失敗、CHANCEと契約。
CHANCEでの最大のヒット曲がこのI WAS WRONGだそうだ。


続く219TRAIN('54)がCHANCEでの最後のシングルとなって、同年秋にCHESSと契約。
直後にあのシンシアリーがリリースされ、大ヒットとなった。
CHESSに移ったMOONGLOWSは’55年にはMOST OF ALLもヒットさせている。
これは、その又翌年のWHEN I'M WITH YOU。


・・・・・・って、要約するのも頭を使う・・・・・あ、そんな頭持ってなかった~~ぃ。

そうそう、彼らのレコードにはAフリードのペンネームAl Lance、
CHANCEではFuqua-Freedと記されてるそうです。親交も深かった様で。

オマケですがこのカバーもイイ感じ・・・。

CHANTERS/WHEN I’M WITH YOU
気になる、このグループ・・・・・

そうだ。どれにしようか、ってきっと何時までも迷うだろうな・・・好きなグループ言ってと聞かれたとしても。
あと一番大好物は何?て聞かれても迷うかもな・・・
[PR]

by emirysan | 2011-12-15 17:47 | *DooWopいろいろ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://shoobie.exblog.jp/tb/17207976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by SAM at 2011-12-15 23:56 x
おばんです

風呂入ろうと、部屋を出た KEIとかち合い
「お先にど~ぞ」「いやいや そちらこそど~ぞお先に」って ダチョウ倶楽部ばりのコントをかまして
風呂上がりの一発目、MOONGLOWS 
こっそり冷蔵庫から持ってきた 誰が買ってきたかわからない炭酸水を飲みながら聴き入ってます
レコードの針の音、いいな 炭酸のはじける音と最高にマッチしております

オムニバスは結構持っていても、一組のグループのアルバムは数えるほどしかなかったな
じっくり一枚通して聴くとまた、そのグループの魅力が分かるんでしょうね

好きなグループは?と聞かれて考える前に 好きなジャンルを考えてしまいます
たぶん、夜仕事をしていた頃に 店でかけていた曲とか客との話題つくりにいろんなジャンルを聴いたせいもあるのかな
おかげで、音楽や洋服、車やバイク、飲み屋の裏事情なんかを勉強することができました
今の仕事とのつながりは、ほとんどありませんが 無駄ではなかったと思っています

じっくり聞いてみたいグループを発見するには、やっぱしオムニバスで聴いて、気に入ったグループを求めていった方がいいのかな?
Commented by emirysan at 2011-12-16 20:41
◆SAMさん◆
こんばんは!
お疲れ様です。

KEIくんに譲られたのでしょか、お風呂。
湯上りの炭酸、ク~~~って染み渡りそうですね。
マッタリとした気分の時にマッタリと聴いて頂けてたら嬉しい限りです♪

そう、ジックリ聴きたい!て思ってアルバムを買う・・・
ワタシもずっとオムニバスばかり聴いてました。
ただ、そのオムニバスでも何曲か同じグループの違う曲に当たったりした時に
このグループってイイ曲多い、とか、声が好き、とか
コーラスが素晴らしい~とか、
そんなのが積み重なってアルバム買ったら大好きになった、というグループもあります。
ロカビリーでも同じくでした。

今はYOUTUBEなどで聴けるので、もっと発見しやすいですよね、きっと。

夜のお仕事されてた時の話題作りからの色んな人達からの
更なる情報、貴重ですよね。
それもまた、人生においての財産だと思いますもん。

好きなジャンル、ワタシもドゥーワップと真っ先に答えた後に
続くモノが幾つか(`∀´)!
ただ、何故か洋楽ばかりなんですよね・・・・・

Commented by DreamyPops at 2011-12-17 00:44 x
うわ、Chance 時代の The Moonglows で、“I Was Wrong, 1953”なんかアップされていますね。なかなかシブイ、シブ過ぎですよ。
Moonglows は、1954年以降、Chess で“Sincerely”“Most Of All”“In My Diary”などのヒット曲を飛ばし、縦横無尽でウマ味のあるコーラスにより人気を博しましたが、じつは Chance 時代にこそ、黒人本来の味わいがあり、ぼくなんぞ高く評価するわけですが、そういう意味もあって、ドゥーワップというより、R&B の範疇に入れたい、つまり、初期のThe Drifters や The Clovers がそうであったようにR&Bヴォーカル・グループなのです。
その Chance では、クリスマス曲を含む全12曲を発表しています。いずれも地味な曲ながらブルージーなフィーリングに溢れ、ハービー・フッカとボビー・レスターの絶妙な掛け合いが素晴らしい。ここで唄われた“Secret Love”は、ドリス・デイのヒット曲のオリジナルで、なかなかのバラードに仕上がっており、さらに“My Love”“My Gal”“Real Gona Mama”などは、自然と身体を揺らしたくなるようなジャンプ・ナンバーでカッコいいですね。
Commented by emirysan at 2011-12-17 15:54
◆Dreamy Popsさん◆
こんにちは!

そう、書かれているCHESS時代、この光が当たってた時期の
数々の名曲の方がワタシなんぞには馴染み深くて
コーラスが際立つバラードを聴いてはキュンとしていたり。
SECRET LOVEも名曲ですものね、色んな方に唄われ続けて・・・

I WAS WRONGに反応して、CHANCE時代としてUPしたのですが
CHESS前だったコトはコレを書きながら「へぇ~」って(゜▽゜)!
CHANCEでの初シングルだったというBABY PLEASEを聴くと
ブルース調というんでしょか?
Dreamy Popsさんの書かれている事と重ねて「そうか!」と。

JUMPナンバーも・・・書かれているREAL GONNA MAMAやWHISTLE MY LOVE、
思うように踊れたらリンディホップでもカッコよく踊りたいのにな~~って。練習しなきゃデス!






Commented by Grafitie Eddie at 2012-01-03 15:38 x
emiryさん こんにちわ

正月も3日、部屋で少し時間ができたので
久々に聴くのは・・どれにしよ?!ワハ

と、アップされたジャケットをみて元気はつらつ♪

DOO-WOP 綴りを見るだけで、ほんとに元気がでますね!

ジャンルの定義を越えて自分にシックリと馴染む曲たちを
そう感じています。
もちろんコーラスは必須ですが、たとえばジョニー・エース
彼のナンバーからは、居ないはずのバックコーラスが
聴こえてきます。

各時代のリードボーカルやレーベルで聴き比べたり、年代ごとのヒット曲を
流したり、もちろん好きな曲を録ってパーティーで盛り上がったり
限りない楽しみがありますね♪
そして、自分の体験と重なる曲たち・・

そう、今日はムーングロウズ
Bobby Lester 
イン・マイ・ダイアリー聴きたくて“眼”のアルバム
連鎖して’72リターンも引っ張り出して“月光大会”
良い正月です~♪


Commented by emirysan at 2012-01-03 17:31
◆EDDIEさん◆
フフ・・・こんばんは!

今日も車で自分の作ったDOOWOP&ROCKAを流し
横目で富士山見ながら福生方面へ行きました。
IN MY DIARY~♪ヒャ~久々に聴きたいっ。
月光大会?MAGIC MOON~♪?

ジャンルの定義かぁ~
ジョニAはとてもわかります。
切な深い声に響くモノがね、何だかジンとするんですもん。
THE CLOCKとかジっと聴いてると涙出ちゃうかも。

て・・・ハ。Rボーカル聴き比べという手もあったですか。
レーベル聴き比べも師匠のお蔭で随分体験させて頂きましたが
年代毎、色んな形で並べて聴くのも面白いかもなぁ。

そして更にまた新たな名曲を発掘して行けたらな。
そうやって聴いて行くうちに
また何かしら発見したりしますもんね。


<< まいど!      イルミねぃしょん >>