2005年 03月 30日
その③二日目
ハリウッドから又メトロに乗り(シビックセンタ⇔ハリウッドは乗り換え無しのREDLINE一本なので一番安い切符で正解)ダウンタウンのホテルに。飛行機ではやはり熟睡なんて出来なかったので、その夜は爆睡しました・・・

翌日はこの旅では御法度な(雑貨などの勉強兼ねて行くと言って家族の許可を得たから)ユニバーサルスタヂオへ。遊園地は余り興味無くても映画好きな私はユニバーサルには是非行ってみたかったので感激で、スタヂオツアーでバック・トゥー・ザ・フューチャーの時計台を見た時には私の頭の中では映画の中のセットが蘇り、O川に見られないで良かったけど(サングラスしてて良かった!)感動で涙流してました・・・・・
c0068701_19433418.jpg

バックドラフトを見て「WOW!!」と笑った後にジュラシックパークへ。水しぶき避けのポンチョ型レインコートを買い乗り込んで、隣にスパニッシュ系の家族が座りレインコートも着ていないので「大丈夫?」と聞くと「大丈夫だよ」と。

ま、いざ出発して水面に落ちる時には私が大丈夫で無かったんですけど。

この様に絶叫マシーンが苦手な私は次に、ガイドブックには「迷路」と表記されていたマミーリターンズという当時新しいアトラクションに「迷路」なので余裕でO川とルンルン行きました。
入ると案内係がロッカーに身に着けている物を全部入れて来てと言うので「WHY?」と尋ねると「全部飛んで無くなるよ」と。ん?

迷路では無い・・・・?とこの時に初めて気付きましたが、大した事は無いだろうと「止めておく?」というO川の心配をよそに進みまして、ドキドキで乗り物に乗り込んだら最初はゆっくりマッタリと進み「何だ、またどっかの一部分だけがジェットコースターってか。じゃ、大丈夫」なんて話してたら前に座ってる女の子が騒ぎ始めたんですね。アメリカのファミリードラマの子役が叫んでるみたいに。
それを見て笑ってたら女の子が振り返り「ごめんなさい、でも本当に怖いの」と言うので「可愛いな、まだ子供だもんね」なんて思ったのが・・・・間違いでした・・・・
                  あれは、何なんでしょう。
暗闇を吹っ飛ばされてピタッと止まって、方向転換して又吹っ飛ばされる・・
降りる時には私がファミリードラマの子役みたいになっていました。
                 好きな方は是非試して下さい。

CITY WALKではショップや食事処が軒を連ねて、楽しかった!!
c0068701_1946510.jpg
そんな二日目の完全観光DAYでした・・・
帰国してから家族には「ズルイ」「何しに行ったんだ」とブーイングでしたが。
[PR]

by emirysan | 2005-03-30 17:41 | ☆SIGHTSEEING | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shoobie.exblog.jp/tb/1316249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< その④L.A 最終日      その②初日 >>