2005年 03月 27日
初L.A. その①
TeenAgeの頃のアメリカンオールディーズに目覚めた簡単な経緯は書きましたが、たまに何でこんな風に惹かれるのかな・・・と思うことが自分でもあったりして、さかのぼると幼稚園という幼少期にアメリカ人と結婚したオバのFAMIRYが当時は座間のベースに住んでいて、かなり行き来してた頃にすでに何かしらの影響を受けていたのかもしれません。

水色の外車や大きくて浅い風呂にはシャワーが付いていて何で風呂場にカーテンがあるんだろうとか、お菓子屋に行くと自分のうちの近所のお菓子屋には無いバブルガムやキャンディーにメチャメチャ感動したり、コリーに咬まれてびくって大泣きしたり、オバの家の近所の人達は皆外人だったり・・・オバは「アンテー」オジは「アンコー」と呼びなさいと言われて、何でオジが「あんこ」なんだろう・・・外人の男は饅頭なのか?!とかいうチビなりの疑問やらと軽くカルチャーショックを受けて居たんでしょうか。

オバFAMIRYはその後アメリカに帰り私が中学入学の夏までオバにも会わずでした。再開した時にはオバが英語なまりでたどたどしい日本語を話してるのを聞いて「凄い!元々日本人なのに外国に居ると日本語忘れるのか?!」と尋ねたら「自分も日本に帰って初めて気付いた」と。
その時は何故かホットドッグとウォーターの発音を教えてくれました。

オバが帰国後に「こずかい貯めて絶対にアメリカに行く!英語も頑張るし「あんこ」やイトコ達にも会う」という決意表明をエアメールでオバに送り「待ってる。飛行機代は27万」という有り難い目が覚める現実的な返事が来ました。

その後、こずかいが貯まる事も無くアメリカ行きは「いずれ」な話になり高校生の修学旅行で飛行機に生まれて初めて乗った私は何故か到着後すぐに膀胱炎になり、次に乗った飛行機では頭痛と飛行機酔い?をして具合が悪くなり、以来全く飛行機に乗ることも無く、乗りたく無く、社員旅行も飛行時間で断り海外旅行の誘いも断りで長い年月が経ってしまいまして
数年前にやっと北海道へ飛行機で行き、その時も揺れる度に身体が硬直していました・・・

が!!しかし、そんな私がアメリカに行く!と思ったのです。雑貨屋をやるという自分が仕事を立上げる前に絶対に行ってアメリカという国がどんな所か、何があるのかこの目で見て来たいと思い飛行機に乗る決意をしたのです・・・
アメリカ西海岸編〈2004~2005年版〉
「地球の歩き方」編集室 / ダイヤモンドビッグ社
スコア選択:

ガイドブック「地球の歩き方」

これにお世話になりました。
[PR]

by emirysan | 2005-03-27 15:22 | ☆SIGHTSEEING | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shoobie.exblog.jp/tb/1277399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< その②初日      映画で見る'50年代 >>