2017年 09月 14日
路地で見つけた
寒い…べ、から暑いべを超えて
日暮れると涼しく秋の虫が鳴いてんべ、になった。

一昨日、ひょんな事からスんゴイ久しぶりに、同級生達と同級生の店に行く事になった。
その店も、もうずっとずっと続いていて、中央線の駅の表通りにデンと存在してる感じなんだな。

待ち合わせ時間を30分間違えて早く着いたもんだから、チョビ久しぶりに近くの中古レコードショップに行ってみた。
そこは路地に入って行くので、表通りからは見えないけどコチラもずっとずっとある素敵な路地のショップ。

レコードをパラパラと見て、
やだ、ポールアンカ欲しい〜〜、なんて思いながらも
この後に飲む事考えたら
CDのコーナーに移ってザーッと眺めてみたんだ。

路地の雰囲気のある店で目に留まったのは


ANGEL BABYが有名なロジーとオリジナルズ。

路地と表通りだず。


やだ、全然ムリがあるっっ


はっ(´・_・`)
皆さんご無沙汰し過ぎてます。
そして、どうやって繋げるか悩んだココロの声を、またもや知られてしまいましたね。

c0068701_01585315.jpg

c0068701_01590554.jpg

シュッとした感じの外見とギャップのあるキュートな声。
エンジェルベイビーも良いんですが、あたしは
この曲が好きで。



もっと聴きたい、
そう思いながらも今年、
彼女は星になられた様です。



おやすみ、ロージー。



[PR]

# by emirysan | 2017-09-14 20:36 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 11日
寒い…べ
陽射しが強めだったり、日が延びたり
河津桜が咲いてるよ、って話していた今日この頃なのにまた寒波がやって来た。
そうやって季節が移るんだろうけど、先々週だったか20度近くまでになった日があったり1桁になったり。
冬の20度は上着を脱ぐけど、夏の20度は上着を羽織るよな…

は(´・Д・)!
皆さん、お元気でしょうか。
陽射しが強めと書きましたが、日が暮れるとキンとした空気に変わりますね。
まだまだ寒いべ。…寒んべ…んムンベ…ムブーベ…

やだ。ムリがある。寒いべからのムブーベ。

1939年、ズール族の言葉でライオンの意味のMbubeをソロモンリンダという方が書き、
そこからムブーベという南アフリカの音楽のジャンルになった様です。(wikiより)

1951年にウィバーズがウィモエとしてカバー、その10年後に、トーケンズがThe LION SLEEP TONIGHT(ライオンは寝ている)としてカバーされたそう。
現在もよく知られる曲として引き継がれている一曲となってます。



なんだか大地や自然を感じる気がする。

寒い、なんてタイトルにしちゃいましたが
寒波が覆い、大雪になってる地域の方々はどうぞお気をつけて下さいませ。
そう、風邪もひかないでね。


[PR]

# by emirysan | 2017-02-11 19:00 | *MUSIC | Trackback | Comments(4)
2017年 01月 14日
ほうだい
猿の夜から酉の朝に変わり、
今年もどうぞ宜しくお願いしますの挨拶と年に一度の
日本酒を交わし
初夢を見たんだか見てないんだかの朝が来て
寒気と共に38度越えの発熱に気付いた。
お医者さん休みだしコリャ気合だな、と37度台に下がったのも束の間で、再び38度を越え熱が出放題。
だけど節々痛く無く動けちゃうし、揚げ物食べたい、豚汁食べたいて食べ放題。
体温計を見た時は
痩せちゃうな〜キヒヒ( ̄▽ ̄)
と思ったのに
それも束の間、風邪ひいて太った正月だった。コロコロよ。

(´・Д・)‼︎…
皆さん、遅くなりましたが 今年も明けました、
どうぞまたまた宜しくお願い致します。

皆さんはどんな新年をお迎えだったでしょうか。
あたくしは食べ放題の寝放題の後に
ビートルズ好きの先輩の方と抱きしめたいってタイトルは端的で素晴らしかった、から始まった邦題の話をしておりました。
で、今年初っ端はほんのチョッピリDoowopやPopsの60年代頭辺りの洋楽に付けられた邦題のお話をば。

きっとたぶん、当時流行りの洋楽がラヂオで流れたり
レコード化して日本にバンバン入って来た頃というのは、60年代が見える辺り、
先輩曰く、それまでは普通の暮らしの中では今で言う演歌などが主流だった様な気がするよ、と。

ザクッと頭ん中にふわっと浮かぶ有名なDoowop邦題てば…
コースターズのCharlie Brown、その邦題は怪漢チャーリーブラウン。
プラターズのSmoke gets in your eyes→煙が目にしみる、
フラミンゴスのIonly have eyes for you→瞳は君ゆえに、
ムーングロウズのTen commandments of love→恋の十戒、
クローバーズのDevil or angel→天使か悪魔か?、
フランキーライモン&ティーンエイジャースのWhy do fools forlin' love→恋は曲者。
トーケンズの時のThe lion sleep tonight→ライオンは寝ている、
クレスツのSixteen Candles→16本のロウソク、
ヴェルベッツのLana→愛しのラナ、
ダニーとジュニアーズのAt the hop→踊りに行こうよ。
パラゴンズのThe tide is high→夢見るNo.1
…て、カバーも含めて色々とありますが
これが50年代終わりにロカビリー、60年代にポップスと日本でもどんどん聴かれ和にカバーされたりで
邦題が付けられてる数もグンと増えた様ですね。
c0068701_13214877.jpg


c0068701_13214940.jpg

エルヴィスのDon't be cool、冷たくしないで
Love me tender.優しく愛して
エディコクランのSittin' in the balcony、バルコニーに座って
チャックベリーのLong tall Sally、のっぽのサリー
ジェリーリールイスのGreat ball of fire.火の玉ロック
…と、
ポップス全盛期になるとコニーフランシスだけでも、
Prietty little baby→可愛いベイビー、Lipstick on your color→カラーに口紅、Someone else's boy→夢のデイト、Follow the boys→渚のデイト、Where the boy are→ボーイハント、Stupid Qupid→間抜けなキューピッド… ひゃ、まだまだ…
て、コレを打つ手が腱鞘炎になるかと思うくらいの邦題オンパレードで日本での当時の人気ぶりが伺えます。
ニールセダカはThe Diary→恋の日記、One way ticket→恋の片道切符、Happy Birthday sweet Sixteen→すてきな16歳、 Little Devil→小さな悪魔
…ひー、まだまだ、
ポールアンカは割と原題に添ってる様ですが
Put your head on my sholder→貴方の肩に頬うめて、You are my desteny→君は我が運命、Kissin' on the phone→電話でキッス…
デルシャノンも悲しき、花咲く、さらばなどの街角シリーズで知られてますよね。

ツイスト流行の火付け役となったチャビーチェッカーのthe TwistはツイストNo.1…
ひゃー、いやいや、チョッピリじゃ書き足りないや~い。

直訳から曲の内容から、または内容とは全く離れ創られたもの、色々ですが
ピンと来る曲や世代の方も多いでしょうし、
当時の流行りや言い回しにジャケットの文字の字体まで想像出来ちゃう邦題。

はっ……
今年初っ端から長々と書き放題でしたσ(^_^;)


[PR]

# by emirysan | 2017-01-14 13:20 | Trackback | Comments(8)